キッチン収納扉の補修

今回は中古物件のキッチン収納の依頼。

表面の塩ビシートが劣化し、ぱりぱりと剥がれてきてしまっています。

シンク下で頻繁に擦れたり濡れたりするため、上の角は既に下地がむき出し。

剥がれ落ちていないその他の部分も、接着剤が劣化してシートが浮いてしまっています。。。

ちょっと傷が入れば、剥がれ落ちるのも時間の問題です。

まずは剥がれ落ちた傷周りをととのえ、浮いているシートは接着しなおします。

シートの厚み分だけパテを盛り、木目を描いて仕上げました。

 

※作業上じゃまになるため取っ手を一旦外しています

離れてみるとこんなかんじです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です