塗装会社講習

先日、塗装会社の講習を受けてきました。
こちらは車両塗装の講習なのですが、我が社のスタッフは全員受けています!(※車両の塗装業務は行っておりません。笑)

なんのために車の塗装を?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが
私たち補修屋は、あらゆる場面でエアブラシを使います。

木部でも単色の部材だったり、サッシだったり、焼付けの枠やドア、ガルバ、パネル、などなど。。。

補修では車両の塗装のような繊細な塗装ではありませんが(規模も違います。)
たまに、色を合わせても見る角度によって白っぽく見えたり黒っぽく見えたりすることがあります。

なぜそれが起こるのかと言いますと、色ではなくメタリック(近くでよく見るときらきらしてるやつです。)が合っていないからなのです。

そこで、車の塗装で重要な「メタリックの立たせ方」、「寝かせ方」はたまた「狙った範囲でのぼかし方」などなど!を勉強してまいりました!

 

 

 

 

 

まずは調色する色を選んで。。。

 

 

 

 

数種類の塗料を電子秤で計って色を作ります。

 

 

 

広い面の塗装と、タッチアップ塗装を行いました!

先生がやっているのを見るとふむふむ、、と思うのですが、

自分でやってみると緊張もあり、自分の思ったようにはいきませんでした。。

が、講師の先生に丁寧に教えていただいたのでなんとか完成させることができました!

 

今回やったのは車両の塗装ですが、シンナーの種類や入れる量、タイミング、

どの範囲でぼかせば分かりにくくなるかなど、

補修で応用できそうな事がたくさんあり、とても有意義な時間となりました!

 

 

 

 

講習後は、はるばる遠方まで行ったのでどこか寄り道して帰りたかったのですが、

日が暮れ始めていたので川で夕日を見て帰った残念な人たちでしたとさ。。。笑