リペアスタッフの一日に密着

7:45AM

毎日行く場所によって変わりますが、今日は京都市内への移動のためこの時間。

私は近くの駅から自転車通勤 5分ほどの距離です。

 

8:00AM

行く現場を地図見て再確認。持ち物を積み込んで

現場に向けて出発!今日も頑張るぞ!!

 

8:50AM

現場到着。現場の担当者と連絡を取り合い、その日の作業の段取りをして

いよいよ作業のスタートです。

 

ターゲットを発見!

フラッシュのアルミ扉にへこみ傷。大分手強そう・・・。

凹みはパテ埋めればどうにかなるが、補修はボカシが肝心なので、こういう扉は逃げ場がなくて困ります・・・。と言い訳してても始まらないので、集中!集中!

まずは、2液性のパテを打って。

固まったら、ペーパーを当てて、平らにします。

!ポイント!

これを何度か繰り返して、微妙な歪みも取って平滑な平を出してゆきます。

きれいに面(つら)が出たら

今度は調色したメタリック塗料を吹き付けてゆきます。

調色はどうしても工場で作られる製品の色と感じを出すことは難しい事なのですが、

そこは、経験と直感で近づけることができます。

それと、やはりボカシ際が肝心。でも弊社には「エアフリー」という強いアイテムがあるので

きれいにぼかす事も問題ありません。

 

11:30AM

完成!!どうです??

奇麗になったでしょ。担当者の方もこちらの事務所の方も満足いただき

本日の作業は無事完了。

今日はこちらでの作業だけでしたが、

ほかの現場でヘルプが入れば向かう事もあります。

12:30

帰社。 車の中の道具ゴミなどを片付けて

社員、先輩に今日の現場報告や、経費報告、アドバイスなどを受けて完了。

待ちに待った、お昼ごはん

一仕事終えた後のご飯はおいしい。。

今日は近所の中華屋さんで食べました。

おすすめは、レバニラ炒め定食。。

14:00

午後はヘルプ現場が入ってもすぐ動けるように待機しながら事務のお手伝い。

こんな時間を使ってこのブログも書いています。(研修生の頃はこの時間に練習をしていました。)

そして夕方頃に明日の予定が確定すると、

そこから皆が、明日支度や段取りを始めます。

仕事終わりは日によって様々ですがアルバイトや研修の場合

17:30から18:30頃です。

私は前職、販売員などの仕事をしていました。

元々、絵をかいたり何かを作ったりすることが好きでこの仕事にトライしました。

私が現場仕事?と自分自身でもイメージできなかったのですが、少し思っていたイメージとは違う部分もありました。

仕事自体は楽しいです。奇麗に直せたとき、自分が作業した所を褒めてくれた時。

とてもやりがいのある仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です