ワックスの床

今日はマンションの一室に行ってきました。

居住者入れ替えのため、前の住人がつけてしまった床の凹みをなんとかしてほしいとのことでした。

新品ではないので細かいキズがたくさんありましたが、全て補修しようとするとキリがありません。なので、部屋に入ってすぐ目がいってしまうような目立つ凹みキズを優先して補修していきました。

浅い凹みは透明のハードワックスで面を出します。今回はワックスの床だったので、面を出してからワックスを塗って艶合わせしました。補修したところだけワックスを塗りすぎてテカテカになってしまわないよう、まわりと馴染ませるのが重要なポイントでした。

 

帰りに現場近くで祇園祭の鉾をいくつか見かけました!祇園祭は京都の夏の風物詩で、7月1日から1カ月にわたって行われる長いお祭りです。

路上で提灯を飾り付けたり作業されていたので、至近距離で鉾に描かれた絵や模様・漆塗りの部分などをじっくり見ることが出来ました。お祭り中は道が混んで運転がスムーズにいかないことも多々ありますが、京都の町が活気づき、どんどん賑やかになってきてとっても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です