玄関扉凹み×2

こんにちは。

今回は玄関扉の凹み2連チャンです。

玄関扉凹みの補修に関しては、

補修範囲が大きくなるため目立ちやすい&外側の場合紫外線で変色の恐れがある

などなど。。

リスクが大きいので基本的には交換をお勧めさせて頂いてます。

 

が、今回どうしても補修でいってほしいとのこと。

 

 

こちら付箋たくさん貼ってありますが、一番左上の付箋、

高さでいうとだいたい目線の高さ程の所です。

 

角度を変えて近くで見るとこんなかんじ。

玄関ライトの反射ががっつり当たる位置です。

 

パテ充填後。

一見小さく見えても、凹み具合によってパテを打つ範囲はこんなにも大きくなってしまいます。

そしてこれに着色しますとさらに大きい範囲になり、

スプレーを吹くとさらにさらに補修範囲大きくなり。。

という事に。。!

 

2枚目の扉はこちら。

こちらは外側に凹みがいってます。

近くで見るとポン、ポン、ポンと横に3つ小さな凹みが並んでいますね。。

これも凹み1つ1つで見ると大したことはないのですが、

パテを打つ範囲は全部が繋がるので大きくなります。

 

それでは補修後の写真いきましょう。

部屋内側の方から。

 

 

 

2つめ。。

まあなんとかなったかな。。というかんじですが

これだけ大きいと1日かけても

仕上がりを上げるのは難しくなるのが正直なところです。。

そして1番は、目立つ、変色の可能性など、

後々入居者様からのクレームになりかねませんので

可能な限り交換をおすすめします。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です