失敗の補修

今回は失敗した補修を一つ。

依頼者様から、数か月前に補修した所が取れて来たとのクレーム案件です。

補修した所がパテから取れてしまっています。

いつも作業する際には、キズが付いている部材、キズの場所、キズの大きさなどを考慮し

最善の方法で補修をしていますが、稀にこの様な事が起こってしまいます。

ここは勝手口の上がり框で、よく出入りする所です。

住戸に入る際には直接力もかかる場所ですので

通常ですとパテも食い付きの良いものを使用します。

前回作業した時も前出のパテを使用したのですが取れてしまったという事は

硬化不良の可能性が考えられます。

 

 

このまま再度パテを充填しても、また取れてきてしまう可能性があるので

 

一度パテを全て取り除き、下地処理からやり直しました。

 

パテがすべて取り除かれている事を確認し、再度パテを充填です。

 

 

今回はパテがちゃんと硬化しているか、下地に食い付いているか

 

確認した後に、着色の作業に入りました。

 

仕上がりはこんな感じです。

作業自体は普段からよくある補修ですが、一つ一つの工程をしっかりと

確認していなかった為、このような事が起こってしまいました。

慣れた作業だったので詰めが甘くなった結果です。

これからは、一つ一つの工程をよりきっちりと作業し

今回のような事が起こらないよう、さらに精進していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です