水切りの補修

朝晩、だんだん寒くなってきましたね。

外作業もちょっとつらい時期になってきました。

 

今日は水切りの補修です。

水切りは、建物の外壁の下のほうについている、金属製のパーツのこと。

重いものを落としたのか、強い衝撃により凹んでしまっていました。

引いてみるとこんな感じの位置です。

まずは、変形をハンマーである程度戻します。

パテで埋め、他の作業をしつつ固まり具合をチェック。

頃合いを見てペーパー掛けを行い、塗装してゆきます…

そして、こんな感じに仕上がりました。

直した場所、わかりますか?

 

今回は比較的簡単な補修で済みましたが、金属板は一箇所の凹みでも広範囲に歪みが生じることも多く、綺麗に直すのが難しい補修材の一つです。できる限り多くの事例に対応できるよう、日々研鑽していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です