洗面収納補修

洗面収納、何らかの原因で水分が下地材にしみこんでしまい小口面と側板が膨らんでしまっています。

小口材の接着不良でそこから水分が侵入したように思います。

それと、収納側板と洗面台取り合いの所のシールが、細過ぎるのも原因の一つの様な気もします。

このまま放っておくと、下地材がいずれ腐ってしまう可能性があるので、一刻も早く補修が必要です。

小口に貼られていた材料を、いらない所だけ切り取ります。

(水分の被害を受けていない所はそのまま使います)

側板の膨れも表面を切り取ってみると、下地が水分によって侵されて押すと動いてしまうぐらいまで柔らかくなっていました。

このままパテ充填しても、後に割れるのは目に見えているので、まずは動かないように下地処理します。その後パテ充填。

 

 

こちらはパテ充填、面出し前

 

 

こちらはパテ充填、面出し後

その後、塗装し完成です。見た目は大丈夫ですね

収納側板と、洗面台の取り合いはシールを厚めに打ってもらいました。

後は水分が収納部分に付いてたらこまめに拭いて頂くようにお願いしました。

 

水場なので水分が付いてしまう、湿気が多くなるのは仕方ないですが放っておくとこうゆう事にもなりますので、塗れたらすぐに拭くのを心がけて頂ければと思います。

お施主様にも喜んで頂けました。